まとめ買いについて - 節約暮し、節約生活で貯金を増やす方法

まとめ買いについて

節約生活節約暮しに関して考える中で
食費は重要です。

節約レシピなんてブログや雑誌が多いのも
関心が高いからでしょう。

節約生活において、
あなたが食生活を管理する立場だとします。

そこで節約を考えた買い物についてまとめてみましょう。

毎日スーパーのチラシの
日替わり特売品や目玉商品を求めて歩くのは、
一見やりくり上手の節約上手に感じるかもしれませんが、
意外に無駄なモノを買ってます。

本当のやりくり上手は、
必要なモノを安い時にまとめ買いすることです。

あくまで必要なモノです。
そのために最も重要なことは、献立を作ることです。

1ヶ月分が理想ですが、出来なければ1週間分。
無理なら3日分でも構いません。

献立作りは頭の痛いところでしょうが、
逆に楽しみながら実行しましょう。

献立は、几帳面にする必要はありません。
大雑把で構わないのですよ。

毎月の色んなイベントに合わせて献立を決めてしまいましょう。

メインにするお肉、お魚、副菜や汁
物の具などを書き出してみることで
栄養のバランスがわかりますし、
買うものも必然的に決まります。

調味料も在庫チェックして
安売りの時に購入するようにしましょう。

くれぐれも安いからといって
使い切るのに半年以上もかかる調味料を
まとめ買いするのは避けましょうね。


◆まとめ買いの注意点

節約って考えると、安いときに全てまとめ買いって
思っていませんか?

では、まとめ買いをする時に
気をつけておきたいことを書いてみましょう。

まず基本は、食料品の購入は、空腹時は避けましょう。
お腹がすいていると何を見ても美味しそうに見えてしまいます。
誘惑に負けて、つい余分なものまで買ってしまいがちです。

次に、買い物は出来るなら歩いて行きましょう。
帰りの荷物の重さを考えると、
安くても無駄なものは買わなくなります。

又、買い物中はカートを使わず、
かごで買い物をするように心がけましょう。

更には、重いものから買うようにするなど、少々きついですが、
楽をしないようにすることが、
いらないものを買わないで済むコツです。

3日分なり1週間分の献立を頭に入れて買い物に行くと
当然、メニューに合わせた食材を買うことになり
無駄がなくなります。

そこで、買い物中に
特売品や目玉商品があったらどうしましょう?

それに合わせてメニューを変えても構いません。

献立を大雑把にした理由はココにあります。
日にちを入れ替えればいいことですね。

それから、特売品や目玉商品、見切り品などで安くなった商品も
自分の家庭の消費量を考えて買い物しましょう。

安いからといって食べきれない量を買ってしまい、
結局は捨てることになってしまうのは本末転倒です。
あくまで無駄の無い買い物を心がけましょう。

コレが、節約を考えたまとめ買い方法です☆